月別: 2014年4月

ケンちゃん登場

IMG_0304

IMG_0305

IMG_0306

昨年はワタクシの武術兄弟の兄にあたるルディがやって
きましたが、今年はケンちゃんでございました
武術兄弟では弟にあたりますが、とはいいましても
もうワタクシ足元にも及びません、四足歩行のギネス記録も
さることながら10年間毎日4時間から5時間の練習
公園での練習で大衆の冷たい視線を浴びようが
やめたら負けと思って練習しているのですから
本物でございます

クラスでは生徒に世界を目指せと言ってますが
ケンちゃんのような本物をクラスに呼ぶのが
一番の近道かと思います

呼吸法

武術の呼吸法をまとめたものが
ありますので見てみて下さい
http://www.daitouryu.com/japanese/gihoutaikei/tech_kokyu02.html
西郷派大東流の呼吸法概論

生徒で太極拳をやってらっしゃる方が
太極拳の呼吸法で逆腹式呼吸でしてる
と言う方がいましたので、ワタクシは
逆腹式呼吸で習ったことがないので
ちょっと調べましたら

「気を発生させる呼吸法としては不向きである」
と合気道でも書いています実際「逆腹式呼吸」で
太極拳をするのは大変困難だと思いますが、ワタクシの
一知半解なのかもしれません、逆腹式呼吸で
気を練れる方、解説出来る方がおられましたら
解説していただきたく思います

クラスの国際化

IMG_0011

IMG_0014

10152391_10203177894823909_2362738646269118738_n

最近クラスに英語圏の生徒が来ます、たまたまドイツの人ら
ばかりですが英語は普通にしゃべれます、まあ1000年ぐらい前は
同じ言葉だったのでドイツ語も英語もフランス語似たりよったり
ですので彼らにはアドバンテージがあるといえばあります
それからなぜ国際語が日本語でなく英語なのかといいますと
国連が採用しているからでしょう、国際連盟からの流れで
やはり英語の公用語の方が利便性があったという
ことでしょうか

小学生の英語の義務化が決まりまして、toeicのテストを
高校で受けさすなどして英語能力の向上を教育現場で
推進して国際社会に対応させる目的があるのでしょうが
それはワタクシから言いますと机上の空論でございます

なぜかと言いますと、単純に使う場所がないからです
ですので自分の英語力が相手に通じるのか、全くわからない
まま大人になりますと羞恥心がございますので人前で
通じるか通じないかわからない英語能力で外国人と
交わろうとしません、子供は総じて敏感でございますので
大人のすることをマネますのでやはり進んで外国人と
コミュニケーションをはかろうと普通しないと思われます

ですので国際化と叫ぶ今日、いかにそういう場を与えるか
教育側が考慮しないいけないと思います、幸いクラスでは
留学生は無料で受けれますので彼らはクラスへやってきます
生徒にクラスの海外の子に「ちょっとストレッチ教えてあげて」
とか言います、そうしますとなんとかコミニュケーションを
はかろうとします、言葉の壁が当然ございますので通じませんが
通じなくて当たり前ですが、ここから英語が必要なんだなっと
思ったら勝手に勉強するようになるでしょう

駅前留学や習い事の英語はそれは疑似体験でありますので
その場では英語でやり取りはしますが、じゃあ、実社会では
っとなりますと、そんな体験はありませんので習い事をやめたら
それでおしまい、なかなか英語クラスの外国人講師と友人に
なるのは難しいのではないのでしょうか、それが同じ武術を学ぶ
仲間という立場ならやはり気軽にやり取りできると思われますし
ワタクシのようにニューヨークの武術兄弟が日本へ泊りに来て
くれたりします、それは最低ラインの英語のコミュニケーション
が出来るというのが前提でございますが

必要は発明の母の例えのように、必要だから英語を勉強する
そんな環境をいかに作るかによって日本の国際化が発展する
のではないでしょうか

先週の生駒クラスと阿倍野クラス

IMG_0014

IMG_8301

IMG_8306

生駒クラスと阿倍野クラスにて
生駒クラスでは子供は泣いて笑ってしています
ヤニクはドイツの高校生です

阿倍野クラスにて16歳のドイツの
女の子で今週から大阪の高校へ交換留学生で行くようですが
時間のある時はクラスへ来ると云ってました

英語力

IMG_0011

晋太郎にヤニク(ドイツの留学生)にストレッチを教えておいてと
伝えますと、英語で説明しております、満点でございます
駅前留学、英語の習い事など色々ございますが、それはいわば
受動的、こちらが全く受け身でございますが、英語の習い事で
ない武術カンフークラスで英語圏、準英語圏の人間に
説明するのにこちらから発信して意味を伝える必要があります
その経験が如何に貴重かいつの日か気づくでしょう
南拳はボチボチでしたがその経験をしたことで新たな能力が
備わったのでないでしょうか、ちょっとおおげさかな、笑

父子鷹

本日は「父子鷹」で
信君と大ちゃんがトレーニングをしにやってきました
親子でトレーニング良いですねえ、男子はより強く
ありたいものです、オヤジの背中を見ながら黙々と
信君はダンベルをあげてました、まだまだ息子に
負けてなれないとトレーニングするオヤジさんの
意気がとても良いですね

ライオンの話はわかったかな、笑