自然門は殺しの調べ (大将登場)

pedro

ラウンド3はロッシ対ペドロでございます。
正直3人目のペドロが危ないのでないかと思っておりました
そろそろ50歳に近い年齢、膝のコンディションや仕事場から
タクシーを乗ってスタジオにアップはあまり出来ないままでの
対決です、それにあいにくの雨降りの天候は関節が痛いのであります。

が杞憂に終わりました。

っと八極拳で一撃で倒したと云ったそういった粗相は
いたしません、相手の攻撃を山東蟷螻拳で受けます(余裕をもって)
長年の武術経験者このあたりの余裕の受けが素晴らしい
それとフットワークをそれほど用いないですが、上体のバランスが
素晴らしい、ステップが入るときは八卦掌の鉤足が出ます
向かって来た相手の足を絡ませて、吹っ飛ばします。
ですがそこはミックスマーシャルアーティスト空手マンで
あります、打たれ強いですが、ロッシの顔がみるみる張れていきます。
最後は八卦掌の技から、柔道の腰投げのようなのが入って終了で
ございました。

最後に彼らがロッシに伝えたのは「目を使い過ぎ」だと
いうことでありました、そのあたりの練習方法の反復をして
決戦は終了しました。大変勉強になる充実した日でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です