月別アーカイブ: 2013年10月

旅の終わり

帰って2週間が過ぎましたが、体調を少々崩しましたが、それ以外は
比較的元気にしております、4年ぶりに福建福州市へ訪れて小さい
武術兄弟が増えてました、それほど親しくなかった兄弟に毎日特訓して
もらって大変お世話になったり、それから訪ねるほんの前に師父が亡くなって
途方に暮れ、親しい兄弟の母親が昏睡状態に涙がこぼれたり、新しい友人に
出会ったり旅をするといろんな事が起きますねえ、あらためてどんな親しい人でも
別れがやってきてそんな当たり前の事を直面してもなかなか受け入れられない
ものだと想いました

今回幸い武術兄弟が英語圏の人間でしたので英語で意思の疎通が
できましたが、次回行くまでには中国語を少々覚えたいですね

IMG_1122
「チャイナドレスの今風はなかなか味があっていいですねえ」

IMG_1090
「福建福州でニックスですか、何やら因縁を感じます」

IMG_1130
「可愛らしいですねえ」

IMG_1074
「于山の裏」

IMG_1136
「義弟に頼まれて蚊帳の撮影、大阪民族博物館で働いています」

IMG_1026
「師父の家にて、先代萬籟聲大師父と我が師父」

IMG_1164
「そして兄弟」

IMG_0927
「サイチェン、そして関空」


福建福州市 武者修行 Day10(10/15)

IMG_1084
「于山の裏路地」

先日警備の事務所に行きまして、中国のスモックの話になりましたが
福建は晴天の日が数日続きました、中国は日本のおよそ25倍の
面積の広さです、ハルビンは北朝鮮の北に位置してロシアの近くです
福建は台湾の対岸に位置します、まあ普通ハルビンと福建の位置関係を
把握している日本人は少ないでしょう

朝8時起床します、最終日の今日もスーパーマーケットへお箸は持参であります
最後までレジで箸をくれっと中国語ができませんでした、次回は挑戦したいと
思います、お箸の中国語は「快子」です、バスで于山へ11時前には赴きまして
入念にストレッチを施します、最終日は総仕上げでございます、型の練習
それから日本ではなかなか出来なかった戦闘練習これをみっちりしまして
午前の練習を終了いたしました、午後はお土産を買いに行きます、お茶や
工芸品、それから漢方などでございます、以外とパンダのぬいぐるみが
ございませんので探すのに苦労いたしました

この日だけはWillが午後から時間を空けてくれまして、一緒に買物をいたしました
病院を往復して彼女の相手して、ワタクシの相手もして大変だと思いますが
無理なら構わないからっと言ってもいつものように”OK, OK, No problem”と
云います、ざっと買物をしてWillの家に戻って1時間ばかり仮眠をして
最後の練習へ行きます、最初は新しい型を習う必要がないし、時間もないと
思ってましたが、一つ新しい型を習いました「黒虎拳」フェイフー自然門の
型の中で一番パワフルな拳でございます、それから基本動作の再確認を
重点的に行いました、兄弟が寄ってたかって侃々諤々と意見をいうので
少々億劫にはなりましたが、師父亡き後はこうならざる得ないでしょう
誰の意見が良いというよりよく考えて考慮していきたいと思います

この日はWillと帰宅してシャワーを浴びて膝や腰に「白花油」を塗って
マッサージをして眠ります

IMG_1030
「于山近くの歩道橋から」

IMG_1160
「兄弟」


福建福州市 武者修行 Day9(10/14)

朝いつものようにスーパーマーケットへ、肉まん、野菜まん
それから湯麺、野菜ジュース、全部で8元弱でしょうか
120円ぐらいでございます、真剣に別荘が持てるなっと思います

朝練はいつものようにDarrylと練習をいたします、それは
拳を打って打って打ちまくります、それに身法を重ねます
2,300打ったあとはもうホーム(型)がどうこうでなくなります、ただ打つだけ
でございます、1時間以上打ち続けたでしょうか、そこでRudyが登場です
香港からこちらに朝到着してそのまま来たようです、話もそこそこ
練習開始です、八歩釣などの対打の練習それから型の練習を
行います、身体がきしむような練習とはこんな感じでしょうか
全身が痛うございます

Willの家に戻りまして3時頃近所のFrankの所へ行き、洗濯機を借ります
Frankの部屋にはWifiがありますのでそこでメールの確認など行います
シャワーを浴びて洗濯をしてメールをして1時間ぐらい滞在してWillの家に
戻って夜の7時まで仮眠を取りまして、また特訓であります、さて師父が
いないと型の練習をどうするかといいますと、終われば協議になります
面白いのが師父に教わった年代によってディテールが違うのです
「イヤ、俺の時はこうやった」「手はこうだ、スタンスはこうだ」っと
いう具合です、80年代に90年代2000年代と違いますが、本質は同じですので
あとは自己判断ですすめます、足はガクブルでそろそろスタンスが
出来なくなってきたなっというところで終了です、2時間半練習して
おりました、Rudyが”ZATOICHI, ZATOICHI”ということであまり気が
進まなかったのですが、マッサージへ行きます、盲目の人がマッサージで
ございます、1時間35元ですので600円ぐらいでしょうか、非常に
上手でございました、最後は半分寝ておりました、ですが早く帰って
眠るのが一番回復するのではないかと思います

IMG_1169
回族(イスラム教)の麺屋さん、肉は牛肉と羊です

IMG_1173
「練習のあとは肉湯麺がよろしいございます」

IMG_1168
「盲人按摩」


福建福州市 武者修行 Day8(10/13)

泥の様に眠りまして、すっかり疲れがとれました、準備をしまして
11時に于山に向かいます、早めに行って全身をほぐさないと身体が
回りませんが、福建は沖縄の下に位置しており、台湾の対岸にほど近いです
10月でも気温は30度ぐらいで湿気も高いです、天気はいつも曇り空です
ヤブ蚊が飛んでいて非常にうっとしいです、兄弟らは皆上半身裸で練習を
行います、Darrylがやってきまして特訓の続きです、Darrylは心臓が
悪いのでちょっと動いたら休まざるえないので、つきっきりでワタクシの
練習を見てくれます、実践練習それから型の細部のチェックと2時間半ばかり
午前中の練習を終えます

夜は少々冷えますが、それでも25度ぐらいでしょうか、程よい気温です
Darrylが夜の練習に来ませんでしたのワタクシとWillと練習をいたします
黒虎拳の細部の詰めと応用拳の確認に時間を費やします、Willは火曜日まで
病院から帰って来れないととのことで、ひと事ながら大変だなっと
思います

IMG_0990
「Willの家の窓から」

IMG_1028
「近所のらくがき」

福建福州市 武者修行 Day7(10/12)

9時前に起床いたします、全身痛く熱っぽいですが、筋肉痛なのか
体調が悪くて風邪気味なのかわかりませんが、食べ物を買いに近くの
スーパーへ行きます、お惣菜というか湯麺と野菜ジュースとヤクルトの
ような乳製品を買います、それと日本から持ってきた青汁で朝の
食事を済まします、ちょっとパンでもっと思って見た事のない
パンを買いますと、見事に外れました、一つは甘過ぎで一つは
辛過ぎでございました

IMG_0977
「スーパーの前、っと云いますかニューヨークのチャイナタウンにも
同じスーパー系列がありました、有名なスーパーマーケットみたい」

IMG_0992
“Neokaの携帯電話みたことないメーカーですか、状態は一級とのこと」
268元ですので4300円ぐらいでしょうか、100円以下の携帯を大量に
購入して家電量販店でポイントにしてもらう手があるなっと何となく
思います

さて于山に向かいまして、Darrylと特訓を行います、特訓が続きます
疲れ果ててもうあかんっというところで、Darrylがpushします
あらゆるジャンルで一人で練習で限界点まで達する人はざらにいないです
我もしかりでございます、何事も人間は一人で達成することは難しく
誰かの助けが必要なのです

一緒に昼ご飯を食べてDarrylと一緒にWillの家に戻ります、Darrylは
バスなど乗りません、タクシーでいきます、中国語が出来るのかなって
思いましたら、Willに電話して運転手に電話を渡して指示させます
やはり電話は便利でございますね、次回来る時は中国の電話を
入手した方がよさそうです、3時半ぐらいにWillが病院から
帰ってきました、それから武術兄弟のハンシュウというのがみんなで
お茶に行こうということでホテルの8Fの高級レストランを予約して
くれました、北京ダックやらごちそうがきます、話を聞きますと
銀行で働いていて不動産もしているということです、いろいろな職種の
兄弟がおります

IMG_1055

食事を終えてDarrylが床屋へ行くということで床屋へ
IMG_10591
バリカンをあてて20元だそうです、およそ320円

夜の8時于山に上がります、体調不良でストレッチと竹で身体を
叩いて軽めに仕上げておきます、皆が気を利かせて色々連れて
行ってくれるのですが、ワタクシもうおじさんですので練習が
終わったら5時間ぐらいは休憩しないとフル充電のフル稼働が
難しくなっているなっと思うようになってきました、Willの家に帰りましたら
家の半分の電気がつきません、家主がいないと大変でございます
Willの彼女が同居してますので、サイチェンと言って布団に
潜り込みます

福建福州市 武者修行 Day6(10/11)

いつも使っているバスのラインが101番でしたが、本日は1番に乗車します
十分時間を計算して乗りましたが、いつもより余計にかかって結局20分前に
于山に到着しました、Darrylが11時過ぎにきまして、ここから戦闘練習を
始めます、ストレートパンチ、移動してのパンチ、フック、アップーカット
型の練習は少なめです、パンチに身法を乗せろとそこから繰り出せっと
日本に帰ったら1日1000発打てっとのお達しが下ります、汗
とりあえずは本日は全力で500発ぐらい打ちます、背中に甲羅を背負って
いるような筋肉痛が翌日襲ったのはいうまでもありません

IMG_1113
「1元でどこまでいけるバスで、なおかつテレビもついています、右上はテレビね」

IMG_1042

夜のクラスへ向かいます、昼寝を3時間いたしまして、万全を期します
7時半には到着してストレッチと身体のメンテナンスをいたします
8歳のドンリンミンという兄弟とストレッチをいたします、30歳以上離れた
兄弟でございます、笑
もう師父がいませんので、これから新しい兄弟が出来ることないので
彼がワタクシの一番下の弟の兄弟になるでしょう、母親も練習して
いますので一緒に練習をいたします、お母さんが少々英語を喋れますので
簡単な会話をいたします、武術日記には”I like this kid”と書いてあります
夜は型の練習に終始いたします、足が震えだして終了します、3時間ぶっ通しで
型の練習をしたみたいです、夜の福建バスにゆられて帰ります、帰って
シャワーを浴びようと服を脱いで靴下を脱ごうとしたら腹筋のこぶがこぶら返りを
いたしました、腹筋がツッたのは何年ぶりでしょうか、痛い痛いっとのたうち
回りながらトレーニングが充実しとるなっと悦に浸ります

IMG_1182


福建福州市 武者修行 Day5(10/10)

8時前に起床しまして、近状のスーパーマーケットへ朝ご飯を買いに行きます
外国に来たらこのスーパーマーケットを見るのが楽しいですねえ、服の
センスも違うなあ〜、たまごをバラ売りにしたら割れるの違うかなって
思ってたらやっぱり割れてるのがありましたが、お構いなしのようですね
油を売っているセクションも半端ありませんねえ

IMG_0955

IMG_1118
「これで半分ぐらいの油売りセクション」

11時から于山で練習ということで、10時半にそろそろ出ようかと思いましたら
Willが帰宅します、バスで一緒に山へ向かいます
お昼の練習を今日からDarrylが参加します、身長は185cmぐらいでしょうが
スタンスの安定ぶりをみたら最初にNYCで会った2008年とはだいぶ上達してます
師父と2.3年練習したらここまでレベルがあがると少々驚愕します
それから目が非常に良いです、「今の動きはこうしたらいい」と解説を
入れてくれます、Darrylのパンチがすこぶる良いのでパンチの矯正を
してもらい、「八歩釣」「黒虎拳」「応用拳」の練習、実践練習と幅広く
練習をいたしました

IMG_1009
「Willが170cmぐらいでDarryl(185cm)はこの低さで鬼神のようなパンチを繰り出します」

一旦にWillの家に戻りまして、洗濯をしようと思いましたら、洗濯機は壊れております
しょうがないのでFrankの家へ赴き洗濯機を借ります、wifiで久しぶりにメールの
確認をします、平群町から青少年の自己防衛のworkshopの依頼が来ておりましたので
返事を送ります、それから師父の家に4年ぶり伺います、師母がおられて事務所兼練習場は
昔のままです、写真も先代萬籁声師父と並んでおられます、この日は福建市内でピザ屋を
しているオランダ人がクラスの見学に来てました、師母に私が今あるのは師父の
おかげです、っと伝えます

IMG_1026

8時になり于山に向います、この日は師父に25年前に習っていた生徒が来ていまして
フォームを見てもらいます、要所の説明を受け熱のこもった練習をおよそ2時間半
して夜バスが来るのか心配しながらWillの家に戻りました、Willはそのまま病院へ
いきました


福建福州市 武者修行 Day4(10/9)

7:55am 起床いたします、あと2時間ぐらいは眠りたい気分で全身筋肉痛
ですが、体調は良しです、今日は福建にきて初めて一人でバスに乗って
于山に参りました、初めてのお使いのような気分でバス賃は
1元およそ16円でどこでおりても1元でございます
なかなか良心的な価格でございます、日本もこれぐらいしていただきたい
っと思います、10時40分ぐらいに于山に到着してまして、約束の11時の
時間までまだ少々時間がございます、ストレッチをして身体をほぐします
11時に白人のJoshがやってきまして、一緒にトレーニングをいたします
このJoshが大会でRudyと八歩釣をしますのでRudyが来るまでのパートの
練習をかって出ます、師父が亡くなってJoshのトレーニング不足が
いがめないですが、大会に出るというのは自然門を代表することだと
強く思ってほしいと思いましても、それは我が思うだけで彼には届きません
極真空手の大山先生がなくなられて極真空手がバラバラになったのを
存じておりますが、規模は小さいですが、求心力がなくなるとこうも
人間は堕落するのかと、ですが他人のことなど構っている暇はありません
自分は10日のリミットしかございません、トレーニングをしにきたのです
一生懸命するしかございません、八歩釣、黒虎拳、内功とこなします
3時間の練習をこなします

IMG_0982
膝が悪いと言ったら針を打ってくれました

IMG_0983
なかかな美味しい豆でした

そのあと夕方Joshの滞在先へ行きシャワーを浴びてレストランへそこで
長龍ことDarrylと合流します、Darrylも大会に向けてやってきました
夜の于山での練習でWillが”Party is over”お祭りは終わりや
っということで熱のこもった練習を2時間半いたします、昨日の夜に
練習に身の入らなかったWillにお前の状況も気持ちもわかるけど
師父があの世から見たら、どう思やろうか、師父が生きてたらそんな
ダラダラした練習はしないやろっとお前が先導して一生懸命
練習しないっとと練習に身の入らないWillに苦言しておいたのですが
気持ちを切り替えたみたいで嬉しい次第ですハードな練習を終えアパートに
戻りました、Willはそのまま病院へ寝たきりの人は床ずれするから
何時間に一回は身体を動かさないといけないと本で読んだ事がありますが
そうなんのでしょうか

福建福州市 武者修行 Day3(10/8)その2

Willに本当にお前はえらいなあ、っとのど元まで出てやはり云えません
当事者に取っては当たり前のことをしてるという自覚があるのに
そんな安っぽいことは云えませんし、言ってもしょうがないと思うからです
でも1日おきに病院へ泊まって、武術の練習してペットショップで
働いてるおねーちゃんをナンパして彼女の両親に折に挨拶に行って
それから日本人のワタクシを家に泊めて、鍵をもう一個早くくれ
なんて文句もなかなか言えません、まあ知らない街で迷子も
「素敵やん」で納めておきましょう、でも困ったことがあったら
何でも言うてくれよっといいましても、”ok,ok, no problem” っと
やっぱりええ奴です、病院の前の湯麺屋で店員のおばはんにサービス
悪いやんけっと噛み付いております、このあたりの容赦のなさは
さすがでございます

IMG_0968
「こっちが近道やからって路地はこんな感じ」

1381759_10201879235798245_1409961120_n
「Joshと合流してまた食事で」

今度はワタクシの師父が眠るお墓へ赴きます、2ヶ月前行く予定を立てたときは
健在でございましたが、話を聞くと交通事故して病院では意識もハッキリあって
結局医療ミスだったということですが、亡くなってしまったあとで今さら何も
云えませんが、本当に残念の一言です、墓前でやはり涙がこぼれます
年を取って涙もろくなっております、墓前で「我は何をすべきか」と自問自答します
「生きるとは何か、武術とは何か」説明を受けましたが、やはり偉大な武術家で
我が師父でございました

Willの家に夕方に戻ってきます、心身ともにくたびれはてました、Willの彼女と
その姉さんが料理を作ってくれます、4年前はWillの母親がごちそうしてくれたなあっと
思いながら食べて今宵は于山には行かず、薄明かりの中、Willの近所で「黒虎拳」と
「八歩釣」の練習をいたしました、身も心も疲れ果てた1日でございました

福建福州市 武者修行 Day3(10/8)

朝の8時前に目が覚めます、全身筋肉痛でほどよく心地が良いです
さて今回滞在先は武術兄弟のWillっていう中国人でございまして
英語が話せますので会話は英語で行います、ですので中国滞在中は
一言も日本語を発することがなかったです、武術兄弟というのは
やはり特殊な間柄でございます、お互い必死の練習の果てに心の
繋がりが強く感じます、Willがワタクシに、もしお金がなくなったら
タンスの洋服やズボンにお金入っていたらまずそれを使えっと
言ってのけるのではありませんか、さすがヤングマスターです
度量が違います

IMG_1008
「手前の真っ赤なボデェーがWill」

4年前は毎週末のようにWillに茶に来い、っと誘われ最初お茶を飲むのかと
思ってましたらご飯を食べることでして、Willの母親の手料理を
よくごちそうになっておりました、前回は30日と長丁場でございまして
キツい練習、慣れない環境でございましたが、見ず知らずの人間を反日感情も
あるでしょうが、やさしく受け入れてくれまして、今でも感謝しております
2年半前に交通事故にあって昏睡状態で今はベッドで寝たきりになっている
らしく、お見舞いにWillの彼女とその姉と3人で病院へ行きます

IMG_0966

どこの馬の骨か分からない人間をやさくし向かい入れてくれたWillの母親が
ベッドで小さく小さくなって鼻からチューブしております、Willの父親がしきりに
客が来たぞ的なことを言ってますが、その小さくなった身体をピクリともしません
この旅で一番御礼を言わないといけない人間に御礼を言えてももう聞いてもらうことは
出来ないようです、世話しているWillやその父親がいるのに涙を見せるのもどうかと
思いましたが、涙があふれます、日本は恵まれてるよって他の人に言う人がいますが
比較対象のその比較先を体験させなければ決して実感は湧きません、ネットやテレビ、本
などで貧しい人や困っている話を聞いてもそんな話もあるのねで終わりますから
兄弟のWillは朝の6時半に病院へ行って夜の8時から10時まで于山で練習してそれから
病院で泊まって昼前ぐらいに家に帰ってきての生活を二年半してて武術してるのやから
置かれた状況が違うと言えばそれまでですけど……