カテゴリー別アーカイブ: 武術

坐禅「調身・調息・調心」と文殊菩薩による励まし

最近ミュージシャンが演奏中中学生を平手をお見舞いしたっということですが、日本の学校教育において禅がベースになっているのは皆さんご存知でしょうか、自分のことは自分でするっということですが諸外国では珍しいことなのです、アメリカの公立学校でしたら自分の机の上は整理整頓しても教室の隅にゴミが落ちてても拾いません、それは勉強しにきてるのから掃除をする必要がないのと掃除する人がいるからです。さて日本で体罰がなくなるかならないっかという問いにそれはなくなりません、なぜなら日本教育の土台が禅であるからです、その中でもっとも重要な坐禅の修練の中に棒(警策)で叩かれるのは文殊菩薩による励ましと理解するからですが、これは叩いていますので側から見れば体罰です

子供達はみんな元気です、指導方法ですが子供でも女性には決して厳しく接しません、これは警察官で武術家だった祖父が女兄弟の多かった私にいつ何時も女性に決して手を上げていけないと厳しく諭したからでもありますし、社会通念で全くの常識でございます

アメリカに15年在住して中国武者修行を敢行し、日本に帰国した際に念願でもありました坐禅を組みにお寺へ赴きました、その時坐禅の棒(警策)を経験し、身体が疲れてきますと、姿勢が無意識に悪くなるのでそれを直したり、眠気を取ったりと色々用途がございますが、事実叩かれた後、身体と呼吸が楽になります。以前は全くしなかったのですが、ある程度子供には必要だろうと感じた次第で練習の時に姿勢を直す時にお尻などバンバンと叩きます、あくまで男の子限定でございました

さてドミニカの女の子が男の子しか、しないのに憤って私も同じようにしてっと言って来ました、お母さんと相談ねっと伝えましたが、クラスから麒麟児が出るかもしれませんね、笑

改めて教えるということは日々の試行錯誤でございます

フランス人とフレンチフライ


父の日の阿倍野クラスでございました、フランス人Musに英語やフランス語で話を皆がいたします、草の根レベルの文化交流でございますが、積極的に進めればと思っております、Musのご両親はバングラディッシュ出身だそうです、前に来ていたトミーもご両親がカンボジアと言っておりました、ステレオタイプの思うフランス人は碧眼紅毛の人物ではなく、ヨーロッパにおける移民問題やその意味合いも阿倍野から垣間見れることができるのではないでしょうか、さてクラスは基本練習のあとはストレッチで伸ばします、今度TOFELのテストのある日本の小学校先生には特にMusと組まして戦闘練習を行ってもらいます、実戦での武術と英会話でございます、一石二鳥とはよく言ったものです、日本の小学校の先生は英語も教えないといけません、本当に小学校の先生の努力には頭が下がりますね。帰りは「父ちゃんカッパに行こうと」娘が言ってましたのでカッパ寿司にいきます、ムスにもお茶を飲みに行こうっと誘います、このあたりは中国風ですが、カンフーなのでよろしいでしょうか、フランス人が回転すしのフレンチフライを食べて苦笑いするのがとても印象的でした

香港武者修行編

9泊10日で香港にいる武術兄弟のところに練習をしてきました
それと他の武術と我が門派の違いを勉強いたしました、結論から
いいますと我が師、呂師父が残した自然門武術のシステムはとても
強固なものだと確認いたしました、基礎練習、内功、外功、型、実践練習と
明確に細分化されているのに他の門派と比べますとより理解が進みます

素晴らしい武術家にあいましたので紹介しておきます

Gum師父洪家拳、武術歴65年
いかにワタクシが増長慢心していたか、人柄も素晴らしい方でございました
香港で洪家拳を学ぶでしたらGum師父のところがベストチョイスでございます


Evan Tai
シンガポール警察に武術指導しているカリ、タイボクシング、ナイフの使い手
技術、度胸は一級品、技のスピード理詰めで解説する様に自然門武術への
応用も出来ます、今回みっちり学んできました

2017大阪武術太極拳守口大会


大阪の大会が無事終わりまして、まずは出場した子が怪我なく終えました
それから応援に来られた父兄、保護者、関係者のみなさんありがとう
ございました

結果は2位が2名でもう少しで優勝でございましたが
この悔しさをバネにまた来年も頑張ってもらえたらと思っております
勝負事はまずは己に勝つでございます
来年を楽しみにしております

第二回ストレッチチャレンジ

Stretch challenge!

takashihayashiさん(@takashihayashi)が投稿した写真 –

今回で2回目になりました、ストレッチチャレンジでございます、最初はクラスの生徒のお父さんが
僕たちも主役になりたいということで始めましたが、やってみましたらなかなか面白い企画で
トロフィーが必要ですよって意見がございまして、すぐ注文しました、今回は上級の部
もうすでにスプリットが出来る人用のカテゴリーも設けまして、開催でございました
上級の部は200度ぐらいはストレッチしていたでしょうか、素晴らしいカノちゃんの優勝です
一般の部はワタクシでございます、175度といったぐらいでしょうか、来年の第三回に
向けて完全にスプリットさせようと思っております、本日はみなさんお疲れさまでした

自然門武術演武発表会、追伸

20160904_6695

img_2255

9月4日の日曜日に初めて武術クラスの演武発表会をいたしました
日本に帰って来て7年最初の頃はほぼプライベートクラスで
ございました(生徒が一人か二人)、それが30名近い方が参加して
演武をしたのは感慨深いものがあります

さて発表会をするにあたっての知識など全くございませんで
客席借りなくてもステージ脇に父兄さんを座らせて、それから
演武の順番は適当にしたらええかなっとある生徒の方に伝えましたら
「それはダメです」と一喝されました、ステージ観客席は貸し切り
それから事前にプログラムの製作これは絶対条件なのです
あと音響やライティングなどのセッティングは時間がないので
これらは次回ということにいたしましたが、全体リハや一人づつの
演武の場所の確認t-shirtsや演武服、靴、着替えの場所
司会、進行等など、発表会一つ取ってもやることは多くあり
非常に勉強になりました

また春に演武会をしようかと思っております

一つ言い忘れたことがあったのですが、出演者に自分以外で
よかった人に投票して下さいっと結果が出たのですが
ワタクシ個人的にはダウン症の女の子が
演武した初級長拳が今までの武術人生で演武を観た中で
一番素晴らしく武術観根本を変えるような素晴らしい演武でした
翻って私もあの域で演武が出来るかというと今の実力では
到底無理です、やはり精進しかございません、その女の子の
ご両親と彼女の努力には敬服いたしました

ストレッチチャレンジ

IMG_1855

IMG_1851

自然門武術のトレーニングの内容は季節によって変わります
春夏秋冬と内容が変わります、だいたい秋口に身体が一番
柔らかくなりますが、今年はストレッチチャレンジを称して
みんなでどれくらいストレッチが出来るか一度競争してみようと
いうことで行いました、武術の基本とは何ですかと
問われると
1. 自由自在に動かせる身体(ストレッチ能力)
2. 強靭な下半身
3. どんな練習も疲れたと思わない精神力

とざっくり説明するとこんな感じでしょうか
まずは自在に操れる身体を作る必要があります
前後開脚がもっとも重要っというわけでなく全ての
ストレッチが重要なのですが、わかりやすいと
いうことで採用した次第です

地味にみなさんストレッチを一生懸命して
おられたみたいです、ワタクシも含めて
この秋は久しぶりに前後開脚が完全に開くのでは
ないかと期待しております、秋にストレッチチャレンジを
したいと思っております、みなさんこぞって参加して
みて下さい

第一回優勝者はミワコさんでした
おめでとうございました♡

2016年守口武術大会

IMG_1829

IMG_1836

今年も無事に大会が終わりまして、2週間がたちました、やはり大会後は
体調を少し落としましたが、また身体の状態が上向いてきましたので
そろそろトレーニングを開始したいと思っております

今年の大会も初級長拳の男女は激戦区でありました、国際レベルの子が
数名いましたが、昨年の方が若干レベルが上だったでしょうか、ですが
優勝した子は国際大会で十分優勝を狙えるレベルでありました

今年初めて演武した子、昨年出て得点が下がった子など、様々ありましたが
それはそれで良い経験でございます、高い目標に向かって練習を
するのを願っております、練習するよし

師父

なぜ「フン」なのですか

先日クラスで面白い質問がございました、ワタクシ
拳を打つ時に「フン」っと言うのです、それは
鼻から抜ける音なので、厳密に「言って」いる訳では
ございません、あくまで音なのでが、日本少林寺を
していた生徒は基本は打つ時の音は「エイ」みたいなのです
これは爆発呼吸の違いではないかと思います、この辺り
ちょっと解説しますと、爆発呼吸には大きく二種類ございます
それは丹田のエネルギーを内に側に爆発させるやり方は
エネルギーが鼻から抜けます、エネルギーが外に
抜けるやり方は口から出ていきます、その時日本風にいうと
掛け声がでます、「エイ」とか「ヤアー」ですね
爆発呼吸と難しく言ってますが、簡単に固いネジを
締めたり開けたりする時に一般の方も爆発呼吸の内側
鼻から「フン」「フン」っといって力をかけてる筈です
これに「エイ」とか「ヤアー」掛け声をかけると精密に
力が入らないと思われます、ですので「フン」「フン」と
力がかかる筈です、ですのでタイトルのなぜ「フン」と鼻から
息を出すかと言いますと、そのパンチ(拳)を正確に当てる
用法の練習をしているからです

How old are you?

IMG_0120

IMG_0122

4月に入りましてクラスに海外の生徒が来るようになりました
英語、ドイツ語を賑賑しくてとてもよろしいかと思います
ふとクラスの風景を眺めますと子供らは遠慮深げにその光景を
見ております、話したいけど会話の輪に入れないそういった風景です
日本人はこの英語コンプレックスが非常に強うございます
ワタクシの中国の武術兄弟などワタクシが中国語をしゃべれない
っと知っていても最初から最後まで中国語で話してきますが
そこは意味を理解しようと必死になりますので何となく
わかった気がしますが自信を持って最初から日本語で話し切るそんな
度量もあればいいのでしょうが、犬養毅首相のようにはいきません

さて何か話しなさいと促しますと、英語の出来る生徒に
「歳は何歳ですか」”How old are you?”っと翻訳してもらってます
最初の質問は歳を聞くことなのですが、これは説明しましたが
あまりよろしくありません、まあクラスに来ているJanikは
16歳なので構わないでしょうが、ふつうプライベートなこと
(年齢も含む)は聞きません特に西洋圏の女性には歳を聞くのは
よろしくありません日本は儒教の影響下ですのでとかく年齢を
確認する向きがありますが、世界的には初対面の方に聞いたり
するのは失礼です、まあそういったことをしっかり学習して
もらえればっと思っておりますが、あとは英語をしっかり
覚えて世界へ羽ばたいていってもらえればっと強く思っています