カテゴリー別アーカイブ: 生徒

礼儀 感謝を教えるのは可能か

よく空手を習わせている親御さんが先生に礼儀感謝を子供に教えて
ほしいと聞きます、道場に入る時に一礼、写真の拝師に一礼
居合なら刀に一礼という具合です、これが神道の所以です
アメリカでも中国でもこういったことはいたしません
そこには八百万神がいないからです

20年ぐらい前にアメリカで武術を初めて教えた時黒人の子供に
“What’s up Takashi”「よう、タカシ元気か」っと
言われた時にえらい国に来たなっと正直思ったと同時に
日本の常識は通用にしないと理解いたしました

武術クラスで靴は揃えなさいとはいいますが
敬語で喋りなさいとか礼儀正しくしなさいとかいいません
それが不思議なことに武術が上達していくと敬語で
しゃべるようになり礼節をわきまえるようになります
置かれている立場を理解するのでしょう

大会に出て優勝を目指すという子には
礼節を教えます、なぜ挨拶をしないといけないか
なぜだと思うっという問いに考えたこともないっと言う子は
少なくありません

お年寄りの武術クラスに子供を連れて行き終わったら
出口に立っときっと云います、お年寄りがその子に
「今日はありがとう」とおっしゃるのをお辞儀して
「ありがとうございました」と応える様は一人前でございます

礼節を教えるのは難しいことですが、感謝される環境を
子供達に作ることも指導者は必要でないでしょうか
IMG_2183

ニューヨークの生徒

IMG_1728

IMG_1729

IMG_1730

13051680_10208751266114708_8967343119048837750_n
(10年前のセントラルパーク)

今年もニューヨークの時の生徒が子供を連れて尋ねて来てくれました
生駒山のレストランでご飯を食べてそれからこどもの森で遊んで
足湯に入るコースで一日過ごしました、お互いに環境が変わり
いろいろな感傷が湧いてきますが、元気でまた来年会えることを
楽しみにそして子供たちを二人を抱っこ出来るように身体を
鍛えておかないっと思います

先客万来

IMG_4458
「さすがGopro3を持ってましたね、良いですねえ〜、空撮したいですねえ〜」

長野から帰った翌日にニューヨークの時の生徒の方が訪れて来てくれました
ニューヨークでアート系の仕事をしておられて、風貌がそんな感じしますねえ、笑
近況を聞きますと、お店を拡張して人を新しく雇うということで、大変やねえ〜っと
ワタクシもニューヨークで風が吹けば飛ぶような零細企業を営んだ経験が
ございますが、人を雇ってお金を払うのは大変でございます、弁護士に会って
税理士の所へ行ってCity hallへ行ってと雑用もこなさないとなりません

今回は一週間ぐらいの予定で日本へ買い付けなどの用事があったみたいですが
訪ねて来てくれるだけで嬉しいございます、本当は夜飲みへ行ったりしたかった
のですが、長野から帰ってきたところで余力がございませんでした
次回は是非ゆっくり飲みたいと思っております